採用管理システム導入のメリット

“会社にとっては、優れた人材をいかに確保することができるのかということは、とても大切なことになります。採用管理システムは、募集から採用に至るまでの流れをパソコンでシステム化することによって採用活動をスムーズに行うことができるようになります。採用管理システムは、採用活動のプロセスの中でよく問題になるWebによる応募の不備や、情報が共有できていないこと、セミナーの調整作業やメール配信作業が煩雑であること、募集する人物像が明確にできないことを改善する効果が期待できます。会社にとって貴重な人材を採用したり、選考したりする作業を管理するためには雑務に追われてしまうことが多いです。その雑務を軽減させて、人事を担当する人が選考作業に専念することができるようにサポートするのが採用管理システムになります。

採用管理システムの募集作業などのメリット

採用管理システムに搭載されたサイトからの応募できるフォームや求人要項を作成する機能を利用することによって、魅力的な応募サイトを公開させることが可能になります。そして、応募する人のエントリー業務が円滑に行うことができ、業務にかかる負担を大きく減らすことが可能です。採用管理システムで、一元的に応募する人の情報を管理することによって、必要となる情報をいつでも管理画面から確認することが可能になります。一目で応募する人が、どんな状況に置かれているのか、どんな人物なのか、誰が担当しているのかといった情報が分かるようになることによって、将来を見通した採用活動をすることや、採用計画を遂行することができるようになります。採用管理システムでは、採用活動の段階によって、その都度自動で必要となるメールを送信できるので、送信漏れが発生しないメリットがあります。

採用管理システムのモデリングなどのメリット

採用管理システムは、サイトから応募した後に、応募した人それぞれのマイページを作ることによって、必要となる項目を入力したり、セミナーに応募したり、面接の日時を各自で設定してもらったりすることができます。問い合せの受付や、セミナーが定員に達していたときのキャンセル待ちも、採用管理システムのマイページで行うことができる機能もあり、採用を担当する人の調整を行う作業を削減することができるので、人材を選考する業務に集中することが可能となります。採用管理システムは人事を担当する人や、その会社の役員の意見を基にして、求めている人物像をモデリングすることができます。基礎能力検査や、資質や性格、動機をチェックする適合検査などの結果をモデリングによって判明した数値と照合することによって、将来的に優れた人材を選ぶ出すことができます。”