採用管理システムに見られる特徴

“人工知能が近頃注目されていて、急速な勢いで、身の回りに広がってきていて、どんどん身近になってきていて、会社の中の業務にも取り入れられ始めています。人工知能が取り入れられ始めている業務の一つが、人事の採用管理システムになります。採用の業務は、担当者が持っている主観によって結果が左右されやすいという特徴がある業務の一つになります。例えば採用するときに第一印象を大切にするという採用担当者がいますが、その人の動作や最初に発せられた声などの印象は、何秒かの間に決定付けられ、客観的な観点での判断基準は介入していないという特徴があります。そして、人間は自分に似ている人に共感を得やすい特徴があり、職場の多様性が発生しにくくなるという特徴があります。

人工知能を利用した採用管理システムの特徴

第一印象のような主観的な判断基準で人事を行っていると、配属や採用の理由を客観的なデータとして残しておいたり、活用することができなくなり、人事の業務が混乱したり、効率が悪くなったりする原因となります。主観的な判断基準による人事を客観的な判断基準に変換を図るのに期待をされている技術が人工知能による採用管理システムということになります。選考や採用の判断基準を人工知能がサポートしてくれるという特徴があります。人工知能を利用した採用管理システムを導入すると、新入社員を効率的に採用したり、入社した後の従業員を評価したり、人事のデータを解析して、可視化をしたり、面接官に会社にとって必要となる人材を選考する基準を示したりすることができるようになるという特徴があります。

機械学習を利用した採用管理システムの特徴

人工知能を利用した採用管理システムを導入すると主観によって左右される人材の評価ではなく、その企業の業務に合った採用基準を設定することが可能なのが特徴です。その企業の中で活躍をしている従業員が持っている特徴を採用管理システムでデータ化して、その活躍している従業員のデータと応募してくれた方のデータを照合する機械学習という技術も採用業務に活用されています。機械学習とは、ビッグ・データなどをコンピューターが解析をして学習をする技術のことになります。人間が無意識に行う会話に含まれている法則をコンピューターに登録して、機械学習により得られた解答と、前もって設定してある正解を照合して、精度を上げていきます。そうすると、まるでその人が実際に会話をしているかのような返答ができるようになるという技術です。これを、採用管理システムに応用すると、企業の中で活躍できる人物像に限りなく近いモデルをデータ化することができるという訳です。”