使いやすい採用管理システムとは

“今まで手作業でやっていた採用管理業務を効率よく行うには、採用管理システムを使うと便利です。採用管理は人事部が履歴書をチェックしたり、求人媒体を管理する必要がありましたが、今ではそれをAI(人工知能)に任せられるようになっています。人が関わっていない採用管理は不安に感じるかもしれませんが、面倒な作業をAIに任せて、最終チェックは人間が行うという方法にすれば、ミスなく効率よく採用管理業務を行うことができます。最大の目的は採用管理の人力の手間を削減して、業務のスピードをアップさせることです。この基本ポイントを頭において、使いやすいものを選ぶようにしましょう。ここでは、採用管理システムに求める能力、使いやすい採用管理システムの特徴について解説していきます。

一次スクリーニング機能と面接調整

採用管理をスピードアップさせるためについていて欲しい機能が、一次スクリーニングや面接調整です。応募辞退を防ぐためには、応募から面接、採用まで時間を短縮することが必要です。これが出来ずに時間をかけて吟味していると、優秀な人材は他の会社にとられてしまいます。応募者の一元管理をして、経歴、履歴、資格、学歴などを機械的にスクリーニングして自動化すれば、応募からの初動を上げることができます。また、メールの自動送信機能がついていれば、機械が目星をつけた応募者にすぐに面接の打診をすることができます。選考通過の連絡など、共通する項目は人が関わらなくても済ませることができます。自動化することでもっと重要な作業に時間をかけることができるようになります。自動化してスピードアップさせるのがポイントです。

インターフェイスとレスポンスの速度

新しいシステムを導入するときに気になるのが、誰にでも使いやすいかどうかです。玄人ではないと扱えないシステムを導入しても、結局使いこなすことができなくてコストパフォーマンスが悪くなってしまいます。なので、初心者でもわかりやすいインターフェイスで、なおかつサポートが充実しているものを選ぶといいです。インターフェイス以外には、レスポンス速度をチェックしておきましょう。クラウドシステムの場合は、インターネットを介して操作するので通信環境やサーバー状況によって反応時間が遅くなることもあります。頻繁にレスポンスの速度が落ちるという場合には、業務の効率化につながらない可能性もあるので注意しましょう。試用期間を使えば、システムのインターフェイスやレスポンス速度を確認することができます。”