おすすめの採用管理システムとは

“応募してくれた方の個人情報を取り扱うことになる選考や採用の管理業務は、気を遣う必要がある一方で、細かい作業がたくさんあり業務時間を多く費やしてしまうことになります。そのような性質がある選考や採用の管理を効率の面からや、セキュリティの面からも補うことができるのが、採用管理システムを導入することをおすすめできる一番のポイントになります。応募してくれた方の情報には名前や住所に加えて、志望動機や経歴などといった大切な個人情報が入っています。個人情報を漏洩してしまうのを防止するためのセキュリティ機能がしっかりしていることは採用管理システムをおすすめできるところの一つです。採用管理システムは様々な機能を駆使して応募してくれた方の個人情報を守ってくれています。

おすすめできる採用管理システムとは

採用管理システムは、データベースを暗号化したり、誰がいつ採用管理システムにアクセスしたのかをアクセスログに残して記録しておいたり、個人情報を取り扱う管理メニューについては限られた人しかアクセスできないようにアクセス権限をコントロールする機能を搭載したり、通信をSSLで暗号化したり、パスワードに有効期限を設定し定期的に変更されるようにしたりと、採用管理システムには様々なセキュリティ対策が施されているので、おすすめできます。会社によって採用についての業務の流れやスケジュールの立て方は違ってきます。会社の実情に合わせて柔軟にカスタマイズができる採用管理システムがおすすめできる採用管理システムということになります。自分の会社のスケジューラーと採用管理システムのスケジュール管理機能が連携できる採用管理システムがおすすめです。

採用業務が一区切りついたら情報を活用

応募してくれた方に内定を出してからのフォローをするメールを送信したり、情報を発信することができるブログサイトを構築したり、ソーシャルメディアで応募してくれた方とコミュニケーションをとったりすることができる機能が搭載されている採用管理システムもおすすめできます。自分の会社に確実に入社をしてもらうように、内定を出してからのコミュニケーションの支援を行ってくれます。忙しい採用業務が終わって、一区切り付いたら、応募してくれた方の個人情報を次の年の採用業務に活用できる採用管理システムもおすすめできます。採用管理システムは、蓄積された応募してくれた方の面接や試験の結果、レジュメなどといった情報を資料として使うことができるようになっているので、おすすめです。”