採用管理システムをどう選べば良いのか

“採用の業務は、スケジュールを立てて、説明会を開催し、選考を経て、入社に至るまでの、一連の流れに従って進めていくものではあるのですが、時間やコストがかかります。このスケジュールから入社までの一連の作業を、簡素化してくれるのが採用管理システムになります。実際に採用管理システムを導入するには、自分の会社の実態にあった採用管理システムを見つける必要があります。採用管理システムが導入させることによって、もたらされる効果を充分に理解しておく必要があります。そして、採用管理システムを自分の会社が導入をする目的を、前もって明確にしておいた上で、採用管理システムを導入することによって、その目的が解決できることが期待できるような製品を見つける必要があります。

採用管理システムの導入により得られる効果

採用管理システムの導入により、業務が効率化されて、人件費を抑えるという効果が期待できます。また、採用活動を迅速化して、採用に至るまでの期間を縮めることができるようになったり、エージェントや応募した人に対する反応をスピード化し会社に対する印象を良くする効果も期待できます。他にも自分の会社で人材を募集できる手段を採用管理システムで構築して、エージェントに支払う費用や、すでに運営しているサイトの制作費を抑えることができたり、分析したデータを活用して採用活動を改善したり、見直したりできるという効果も期待できます。このように様々な効果がありますが、採用管理システムによって、重点を置いている効果は製品によって違いがありますので、自分の会社が重点を置きたい効果に合わせた製品を選ぶ必要があります。

自分の会社の採用活動の流れと搭載されている機能

自分の会社の採用に至るまでの流れに合っている機能が搭載されているかどうかも採用管理システムを選ぶポイントになります。採用活動を始めるにあたって、まずスケジュールを策定する必要があるのですが、そんなときには採用スケジュールを管理する機能が搭載されている必要があります。また、採用管理システムで効率的に人材を募集したいと考えている場合は応募フォームを作成する機能が搭載されている必要があります。応募してくれた人の情報を選考作業の参考にしたいと考えている場合は応募した人の情報を管理する機能が搭載されている必要があります。このように、自分の会社の採用に至るまでの流れと、採用管理システムに搭載されている機能を照らし合わせて、漏れが無い製品を選ぶようにしておく必要があります。”

導入社数No.1 応募数や業務効率など様々な採用課題を解決する採用システム[リクオプ(Recop)]。 導入社数No.1 各業界のトップ企業様が多数導入。応募者数増加、業務効率アップとコスト削減をしながら、採用率も向上。 アルバイトの採用管理システムなら!